CONCEPT

江戸文化に育まれた街に、先進の快適さが息づく住まいを創造。

進化を続ける都心エリアに近接しながらも、江戸時代からの伝統を大切に守り継ぐ「両国」。
新旧の価値観を融合し未来へと昇華させてゆくことが、この街の使命といえるでしょう。
そうしたことを念頭において、この街にふさわしい生活舞台の創造をめざした「リヴシティ両国四番館」。
先進性・利便性という都市生活の魅力はもちろん、「東京」に暮らす味わいを実感できる住まいです。

LIVCITY RYOGOKU

成熟した「両国」の街並に違和感なく調和する7階建て。
南北2面が建物の顔といえる、都会的でスタイリッシュな外観。

落ち着きのある「両国」の住宅地の一角に誕生する「リヴシティ両国四番館」。南北を道路に接する恵まれた敷地のメリットを活かせるように、建物中央に共用廊下を配置。全戸を道路に面して配し開口させた設計を採用(Dタイプ除く)。採光と開放感に優れた快適な住空間を創造しました。
また、どちらの道路からも、洗練された建物の顔といえる面が見える、絶妙のプランニング。街の景観に都会的な雰囲気を醸し出し、道行く人の共感を誘うと同時に、住む人の心を満たします。

外観

▲ページのトップへ


 
  • 株式会社リヴ
  • Welt/Burj al/過去の販売実績